最新医療で撃退せよ!|大腸がんを治療しよう

看護師

男性特有のがん

病棟

欧米では多いがん

前立腺は恥骨の後方に位置していて、膀胱の下側にある尿道を取り巻いている臓器です。精液の一部の、前立腺液を分泌しています。前立腺を作っている腺細胞が正しい増殖機能を失って、乱れて増殖をしてしまうために前立線がんは発生してしまいます。50歳ぐらいになると発生しやすくなり年齢を重ねるにつれて発症する割合が高くなってきています。前立線がんは欧米では発症が多いがんになっていますが、日本ではがんで死亡する人の割合の中では死亡する人数が少ないがんです。高齢化が進んでいく中で確実に発症する人数が多くなってくるがんと言われています。遺伝子の異常が前立線がんの原因と言われていますが、明らかな発生原因はいまだに解明されていません。早期にはよく転移をすることがあります。

整形外科でも発見される

前立線がんのほとんどは男性ホルモンの活動で進行が早められるという特徴を持っています。この男性ホルモンの活動を抑えてしまう薬品を用いて、がん細胞の増殖を止めたりがん細胞の一部分を死滅させることができるようになります。前立線がんは万全に治療をすれば、比較的に予後が良好ながんの一つです。前立線がんは最初のほうは何の症状も起こっては来ません。細胞が大きくなってくると頻尿や排尿困難、残尿感などの症状が出現してきます。これらの症状は前立腺肥大の症状と同じで、前立腺肥大の治療で病院に行ったときに前立線がんが発見されることも多くなっています。前立線がんは骨転移することが多く、腰痛や骨折したときに整形外科を受診したときに発見されることもあるがんです。転移の有無を調べるために骨の検査をすることもあり、転移がなければこのがんの治療を行っていきます。