最新医療で撃退せよ!|大腸がんを治療しよう

医者

卵巣の悪性の腫瘍

窓

がんは大変な病気です。このがんは多数種類があり、卵巣出来るがんを卵巣がんと呼ばれています。これは度合いが進むと下肢に痛みや頻尿など起き分かりやすいのですが度合いがまだ進んでいなければ気付きにくいのです。

胆のうに発症する重い病

Female

日本、ハンガリー、チリに多いと言われる胆のうがんは、早期発見の難しい致死率の高い疾患です。早期がんでは予後不良になることはなく致死率も低いので、定期的な検査を受けることが推奨されています。胆石症や胆のうポリープのある人の場合は、胆のうがんの発症リスクが高くなるので注意が必要です。

腸内環境を良くする食べ物

先生

善玉菌を増やす発酵食品

日本では大腸がんにかかる人が増加しています。1950年と2000年を比較すると、10倍以上も患者が増えているのです。原因の1つは欧米化した食生活なので、その点を注意すると予防することができます。大腸の中には腸内を健康に保つ善玉菌と、有毒物質を作り出す悪玉菌います。大腸がんを防ぐためには善玉菌を増やす必要があります。善玉菌を活性化させるために効果的なのが乳酸菌などの発酵食品です。また食物繊維は善玉菌のエサになるので、食物繊維が多く含まれている食事も予防になります。発酵食品の代表的なものとしては納豆、チーズ、キムチ、ヨーグルト、漬け物、パン、日本酒などがあります。ただし塩分が多く含まれている食材が多いので、選び方にも注意が必要です。

納豆とめかぶの効果

発酵食品の中で大腸がんの予防となり塩分も控え目な食品として最も人気なのが、納豆です。安くて手軽に食べられます。また大豆からできているのでイソフラボンという成分が多く含まれており、肺がんをはじめとする様々な病気に効果があります。納豆と並んで人気なのが、めかぶです。めかぶにはとても食物繊維が多く、納豆と同じように安くて手軽に食べられるので人気です。これらの食べ物は腸内の善玉菌を増やしてくれるので、大腸がんになるのを予防してくれます。そして大事なのは毎日食べ続けることです。習慣化することによって腸内環境が整えられてくるのです。健康はお金では買えませんが、食べ物の選び方を工夫するだけで安く手軽に健康を手に入れることができるのです。

男性特有のがん

病棟

前立線がんは50歳ぐらいになると発症しやすくなるがんです。進行したがんは前立腺肥大の症状と同じような症状を見せ、前立腺肥大の治療に行った病院で発見されることもあり、早期の段階で骨に転移することもよくあるがんです。